韓国:次期大統領は経済立て直しが課題に-中国・米国のリスクに直面

韓国の憲法裁判所は10日、朴槿恵大統領の罷免は妥当との判断を示し、同大統領は失職。新たな大統領を選ぶ選挙は60日以内に行われるが、次期大統領は中国や米国に関連するリスク増大や記録的な家計債務に直面する韓国経済を引き継ぐことになる。

  延世大学校(ソウル)のキム・チョンシク教授は「若者を中心に、雇用創出が内政の優先課題となるだろう。雇用が増えれば家計債務問題も和らぐことになる」と指摘し、「中国企業が韓国企業に追い付きつつある中で、保護主義への対応や成長の新たな原動力を見つけることも次のリーダーの重要な任務だ」と述べた。

文在寅氏

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

  ギャラップ・コリアの最新世論調査で、次期大統領の最有力候補となっているのが、最大野党「共に民主党」の文在寅前代表。支持率は34%。

  同党の安熙正・忠清南道知事が15%で2位につけている。

原題:South Korea’s Economic Woes Will Bedevil Its Next President(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE