米首都ワシントンで営業するワインバー兼レストランが9日、トランプ大統領と市内のトランプ・インターナショナル・ホテル運営会社を提訴した。大統領に取り入ろうとする海外高官や企業幹部、組織が飲食やイベントに同ホテルを利用しており、公正な競争を阻害しているという主張だ。

  同ホテルから2.4キロ離れた場所にある原告の「コルク・ワインバー」から客を奪っているだけではなく、米一般調達局(GSA)とのリース契約に違反していると原告側は訴えている。GSAは選挙で選ばれた公人がこうしたリース契約から利益を得ることを禁じている。

トランプ・インターナショナル・ホテル
トランプ・インターナショナル・ホテル
21: The Trump International Hotel is seen during the Women’s March on Washington January 21, 2017 in Washington, DC.

  「この場の空気を読むのは難しくない」と、地元の裁判所に提出された訴状に匿名で引用されたワシントンのロビイストは証言している。トランプ大統領周辺は「誰がホテルで時間と金を使い、誰が大規模パーティーの予約を入れ、参加者のために部屋を大量に抑えたかを見ている」としている。

  ホワイトハウスのスパイサー報道官は、トランプ大統領に「利害の対立はなく」、ビジネスは与えられた「ガイダンスに沿った形で」行われていると、9日の会見で訴訟についての質問に答えた。大統領は「米経済での小規模ビジネスの役割やどれだけの雇用を生んでいるかを理解している」と述べた。

  トランプ・インターナショナル・ホテルは、GSAからリースした歴史的建造物「オールド・ポスト・オフィス」を2億1200万ドル(約240億円)を投じて改装し、昨年開業した。

原題:Trump DC Hotel Accused of Unfairly Competing With Local Bar (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE