トランプ米大統領が発した入国禁止令は、サッカーのワールドカップ(W杯)の開催権獲得に向けた米国の取り組みを妨げる恐れがある。

  米国は2026年ワールドカップを単独開催、もしくはメキシコとカナダとの共催という形での立候補を検討している。国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は、イスラム圏6カ国からの入国を制限するトランプ氏の大統領令について、開催国が従うべき規定と相容れないとの認識を示した。

  同会長はロンドンで開かれた世界各国のサッカー関係者との会合後、記者団に対し「サポーターや当局者を含め、W杯への出場資格を持つあらゆるチームが開催国に入国できなくてはならない。そうでなければW杯は成り立たない」と述べた。

  また、2024年夏季五輪の開催地をめぐってパリと争うロサンゼルスも、トランプ大統領の方針の影響を受ける可能性があるとインファンティノ会長は指摘した。

  インファンティノ会長は将来の開催国に関するFIFAの規定について、「条件は明確なものになる」とし、「その条件を基に、各国は立候補するか否かを判断すればよい。米国とは無関係であり、スポーツに関する一般的な規定だ」と続けた。FIFAは年内に規定をまとめる予定。  

原題:Trump Travel Ban May Derail U.S. World Cup Bid, FIFA Head Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE