JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、ブルームバーグTVのインタビューの中で、トランプ大統領の経済政策は成長志向で消費者と企業の信頼感は「急上昇」し、「アニマルスピリッツを呼び覚ましたようだ」と評価した。

  同CEOは「大統領が政策を一部でもやり遂げることになれば、成長、雇用、そして米国民にはプラスになる」とし、経済政策を担う側近は粒ぞろいであることから「やり遂げると確信している」と述べた。さらに、「政策に注目するなら、ツイッターは忘れて側近に留意するべきだ。プロ中のプロだ。幅広くかつ深い知識と十分な経験を積んでいる。企業の減税、インフラ投資、規制緩和といった成長政策をやり遂げるのが使命だ」と続けた。

  ダイモンCEOは、トランプ大統領の経済政策を支持する発言を繰り返してきた。米国の主要200社の経営者が参加する大統領の諮問機関、ビジネス円卓会議でも議長を務めている。この他、インタビューの中で、大統領選挙後の株式市場高騰の伴う調整の可能性については過度に懸念していないと話した。

関連ニュースと情報:
ファーストワード日本語スクロール画面:FIRST
ファーストワード日本語画面:NH BFW
外国個別銘柄ニュース:NI GAIKABU

原題:Dimon Says Trump Has Reawakened ‘Animal Spirits’ in the U.S.(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE