中国経済全体での2月のファイナンス活動は市場予想を下回る水準にとどまった。当局がレバレッジ(借り入れ)解消と資産バブル抑制に向けた取り組みを進めていることが示唆された。

  中国人民銀行(中央銀行)が9日発表した2月の経済全体のファイナンス規模は1兆1500億元(約19兆円)。ブルームバーグがまとめた市場予想の中央値は1兆4500億元だった。

  マネーサプライ(通貨供給量)統計では、2月のM2は前年同月比11.1%増。市場予想は11.4%増だった。同月の新規人民元融資は1兆1700億元。市場予想(9500億元)を上回った。

  中国当局は債務増大に伴うリスクを管理するため、慎重な金融政策を維持すると表明している。今年のM2の伸び率目標は12%と、昨年の13%から引き下げられた。

原題:China Money Supply Growth Slows Amid Campaign to Contain Risk(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE