英蘭シェル:カナダのオイルサンド権益売却で合意-債務削減の一環

英・オランダ系石油会社ロイヤル・ダッチ・シェルは、カナダのオイルサンド権益をほぼ全て売却することで合意した。取引額は72億5000万ドル(約8300億円)で、債務削減を進めるほか、化石燃料の採取で環境負荷が最も大きいとされる方法への関与を弱める。

  9日の発表資料によれば、シェルはアサバスカ・オイルサンド・プロジェクト(AOSP)の権益を10%だけ残し、残りすべてのオイルサンド生産資産をカナディアン・ナチュラルリソーシズに売却する。取引は規制当局の承認を経て、2017年半ばに完了する見込み。

  シェルはBGグループを540億ドルで買収したことで膨らんだ債務の削減に向け、300億ドル規模の資産売却プログラムを進めている。昨年は50億ドル相当の資産を売却。今週はサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコとの精製合弁会社株式を放出して22億ドルを得た。

  ベン・ファンブールデン最高経営責任者(CEO)は先月、原油価格の低迷に伴い、高コストのオイルサンドプロジェクトに新たに乗り出す公算は小さいと述べていた。

原題:Shell Cuts Debt With $7.25 Billion Sale of Canada Oil Sands (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE