韓国のサムスン電子は米国での製造事業拡大に向け予備的な協議をしている。

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、サムスンがこの計画に3億ドル(約340億円)以上を投じる見込みで、少なくとも5つの州と協議していると報じた。情報源は示していない。オーブンレンジ生産の一部をメキシコから米国に移すことが盛り込まれ、約500人の雇用を生み出す可能性があるという。

  サムスンは「全ての戦略的な事業判断と同様に、デューデリジェンス(厳格な資産査定)を行い、サムスンにとって最良の選択肢だとの判断がなされるまで最終決定されない複雑なプロセスだ」とのコメントを発表した。

  在米国のサムスンの担当者はこうした協議が行われていることを認めた。昨年秋の早い時期に米国での選択肢を検証し始めたと述べたが、それ以上の言及は控えた。

原題:Samsung to Shift Some Production of Home Appliances to U.S.(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE