トランプ米大統領が米証券取引委員会(SEC)の次期委員長に指名したジェイ・クレイトン氏は、ゴールドマン・サックス・グループやアクティビスト(物言う株主)として知られるビル・アックマン氏のパーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントなどウォール街の大手企業の代理人を務め、2015年以来762万ドル(約8億7000万円)強を得ていた。

  法律事務所サリバン・アンド・クロムウェルのパートナーであるジェイ・クレイトン氏は、1月に署名した政府倫理局(OGE)への届け出で自分の顧客と利益相反の可能性について説明した。しかしクレイトン氏のこうした幅広い法律業務は、これまでにも同氏と金融業界の結び付きを批判してきた民主党議員の攻撃材料に使われる可能性が強い。

  上院で指名が承認されれば、クレイトン氏は1年間、サリバン・アンド・クロムウェルや代理人を務めた企業に関連する問題に携わらないことが求められる。また弁護士として関わったビジネス取引や調査・捜査への関与も禁じられる。クレイトン氏の顧客の1社であるバリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルはSECから調査を受けていることを明らかにしている。さらに、同じく顧客のパーシング・スクエアはバリアントの大口株主の1社であり、アックマン氏はバリアントの取締役でもある。

  クレイトン氏の開示文書はゴールドマンとの強い結び付きも明らかにした。同氏の妻はウェルスマネジャーとしてゴールドマンに勤務しており、クレイトン氏自身もゴールドマン本体のほか、元副会長のロイ・ザッカーバーグ氏ら元経営幹部の代理人も務めてきた。上院がクレイトン氏の指名を承認した場合、同氏の妻はゴールドマンを退職する予定。
  
  上院での指名承認公聴会は23日の予定。民主党が承認反対でまとまったとしても、クレイトン氏は共和党議員の支持を受け、承認に必要な票数を確保できる見通し。

原題:Trump SEC Pick Made Millions Representing Banks, Hedge Funds (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE