中国人民銀行(中央銀行)は金融セクターのリスク抑制の一環として、市中銀行の資本評価に、より厳格な手法を適用する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報が非公開であることを理由に同関係者が匿名で語ったところによると、人民銀はマクロプルデンシャル・アセスメント(MPA)と呼ばれる枠組みの修正案を策定する中で、市中銀行の資本充足度を評価する際の中間カテゴリーをなくす。これにより、市中銀行は資本要件を満たしていれば満点、要件に達していなければ0点のどちらかになるという。

  最低カテゴリーに落ちる恐れのある銀行は資本増強や資産拡大ペース抑制など、リスク封じ込めのための措置が促されると関係者は指摘する。人民銀はコメントを控えた。

原題:China Said to Plan Stricter Bank Capital Rules to Contain Risks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE