ドイツのメルケル首相は8日、独フォルクスワーゲン(VW)ディーゼル車排ガス不正を知ったのは米当局がこの問題を発表した翌日で、その後、当時の同社トップに独自動車業界の評判をVWがリスクにさらしたと伝えたことを明らかにした。
  
  同首相は議会で証言し、「VWの問題はメディアから知った」と説明。米環境保護局(EPA)が問題を公表した翌日の2015年9月19日だったという。また当時のVW最高経営責任者(CEO)、マーティン・ウィンターコーン氏と同月22日に電話で話し、同社の不祥事は独自動車業界全体にとって「遺憾」だと告げたとも語った。

  この問題に関する政府の監督責任を調べる議会証言は2時間余り行われた。

原題:Merkel Says She Learned About VW Diesel Cheating From the Media(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE