稲田防衛相:敵基地攻撃能力の検討「排除せず」-北朝鮮ミサイル

  • 国際法と憲法に合致した範囲内でさまざまな検討-稲田防衛相
  • 現行のミサイル防衛では「守り切れないのでは」と民進・後藤氏

稲田朋美防衛相は9日午前の衆院安全保障委員会で、北朝鮮のミサイル発射に対応するため、敵基地攻撃能力の保有も検討対象として排除しない考えを示した。後藤祐一氏(民進)への答弁。

  稲田氏は北朝鮮のミサイル発射に関して「日米同盟全体の抑止力を強化し、国民の生命と財産を守るために、わが国として何をすべきかという観点から常にさまざまな検討は行っていくべきだ」と話した。

  後藤氏が「さまざまな検討」の中に敵基地攻撃能力保有の検討は含まれるのかとただしたのに対し、稲田氏は「どのような方法であるかということは排除せず、もちろん、国際法とわが国の憲法に合致した範囲内において、さまざまな検討を行っていく」と述べた。

  後藤氏は稲田氏への質問で、北朝鮮が1度に多数のミサイルを日本に向けて発射した場合、現行のミサイル防衛システムでは「守り切れないのではないか」と指摘した。防衛省によると、北朝鮮が6日に発射したミサイル4発は約1000キロメートル飛び、うち3発は日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE