ソフトウエア最大手の米マイクロソフトは、クラウド事業で用いるサーバーに英半導体企業アーム・ホールディングス設計のプロセッサーを使用する方針を固めた。利益性の高いデータセンタープロセッサー市場で、米インテルが長い間占めてきた支配的な立場が脅かされかねない。

  マイクロソフトはクアルコムおよびカビアムの協力を得て、アーム設計のプロセッサーを用いたサーバー向けの「ウィンドウズ」基本ソフト(OS)を開発した。同社は現在、検索やストレージ、機械学習、ビッグデータなどにおけるチップの性能を検査していると、「Azure(アジュール)」クラウド部門のバイスプレジデント、ジェーソン・ザンダー氏は述べた。顧客との接点があるネットワークではまだこのチップの運用を開始していないとする一方、将来的な採用規模についての言及は控えた。

  ザンダー氏はインタビューで「本格運用はまだだが、それが必然的な次の一歩だ」としたうえで、「これはマイクロソフトとしてかなり強力なコミットメントだ」と述べた。

原題:Microsoft Pledges to Use ARM Server Chips in Challenge to Intel (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE