ロス米商務長官:NAFTA再交渉、今年後半まで始まらないだろう

  • 交渉が1年以内に終了することを望む-ロス氏
  • トランプ政権、議員らと事前調整としての協議入り-ロス氏

ロス米商務長官は北米自由貿易協定(NAFTA)について、改定に向けた政府の「実質的な」交渉は恐らく今年の遅い時期まで始まらないだろうと述べた。

  ロス長官は8日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「私は明日にでも結果が出てほしいが、世の中はそのように機能しない」と発言。恐らく「実質的な交渉が始まるのは今年の後半」になるだろうと話した。

  その上で、交渉が「1年を超えて相当長引かない」ことを願うと続けた。

  ロス長官によれば、トランプ政権はNAFTAについて米議員らと「事前調整としての」協議に入っているが、交渉開始をまだ議会に正式通知していない。

  長官は米国が数十年にわたって「貿易戦争」の状態にあると指摘。相手国は特定しなかった。「今では味方の部隊がとりでに進軍している。そこが違う点だ」と述べた。

原題:Nafta Talks Likely Won’t Begin Until Later This Year, Ross Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE