2月の米民間雇用者数はほぼ3年ぶりの大幅な伸びとなった。建設業や製造業で雇用が大きく増えた。

  給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが8日発表した給与名簿に基づく集計調査によると、2月の米民間部門の雇用者数は29万8000人増加。これは2014年4月以来の大幅な伸び。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は18万7000人増だった。

  製造業や建設業を含む財生産部門の雇用は10万6000人増。これはデータでさかのぼれる2002年以降で最大の増加幅。前月は5万5000人増だった。財生産部門のうち建設業は6万6000人増と、11年ぶりの大幅な伸び。製造業は3万2000人増で、2012年3月以降で最大の伸び。

  サービス業は19万3000人増。前月は20万7000人増だった。

  ADPと共同で集計調査を行うムーディーズ・アナリティクスのチーフエコノミスト、マーク・ザンディ氏は発表資料で「この冬、季節外れの暖かさとなったことが一因なのは間違いない。だが過去最高付近にある求人件数や過去最低水準の解雇が労働市場全体を下支えしている」と指摘した。

  従業員が500人以上の大企業の雇用者数は7万2000人増加。50-499人の中堅企業では12万2000人増えた。49人以下の小企業では10万4000人増と、8カ月ぶりの大幅な伸びとなった。

原題:ADP Says Companies in U.S. Hired the Most in Almost Three Years(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE