ルペン氏:新フランはユーロと等価で導入、市場で変動させる

  • 通貨バスケットにペッグさせる案から転換
  • 安いフランはドイツに対する競争力強める

フランス大統領選挙の候補でユーロ離脱を政策目標に掲げるルペン国民戦線(FN)党首は、単一通貨ユーロの使用がフランスの国益にならないとの考えを重ねて表明した。ただ、ユーロ圏を離脱した後についてはこれまでと異なる計画を示した。

  ルペン氏は8日、RTLラジオの番組で、新フランは当初ユーロと等価で導入し、その後は外国為替市場で変動を容認すると述べた。同氏と側近はこれまで、複数通貨のバスケットにペッグ(連動)させるとしていた。

  新フランはドイツが使用する通貨に対して下落する公算が大きく、フランスの自動車メーカーの輸出競争力を高めるだろうと語った。また、イタリアもユーロを離脱することがプラスになるだろうとした上で、フランはイタリアの通貨に対しては上昇するかもしれないと述べた。

原題:Le Pen Says Her New Franc Would Fluctuate on Currency Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE