中国:2月の輸入急増、貿易収支は赤字に-人民元ベース

更新日時
  • 2月の人民元建て輸入は前年同月比44.7%増、輸出は4.2%増
  • 貿易収支は604億元の赤字、3年ぶりの赤字計上

中国の2月の輸入は人民元ベースで前年同月から急増した。エコノミストは季節要因が主な原因だと指摘した。

  税関総署が8日発表した人民元建て貿易統計によれば、輸入は前年同月比44.7%増加。輸出の伸びは4.2%にとどまった。この結果、貿易収支は604億元(約9950億円)の赤字。貿易赤字の計上は3年ぶりだった。

  1週間にわたって国内の工場や港湾施設が操業を停止する春節(旧正月)連休が昨年は2月中だったのに対し今年は1月終盤からで、そうした連休時期のずれが統計に影響したとエコノミストはみている。

  中国民生銀行の温彬研究員(北京在勤)は「経済活動が回復軌道にあり、商品価格が上昇する中で輸入が急増した」と説明。「輸出の伸びが予想を下回ったのは、春節要因で1-2月の貿易全般の振れが極めて大きいことが主因だ」との見方を示した。

  中国人民銀行(中央銀行)の貨幣政策委員だった李稲葵・清華大学教授は先週、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)に合わせてインタビューに応じ、中国は「見せ掛けの輸入」に注意すべきだと指摘。一部の資金流出は貿易という形を取っていると話していた。

  李克強首相が5日開幕した全人代で公表した政府活動報告によると、中国は2017年の経済成長率目標を「6.5%前後、可能であればそれ以上」に設定。昨年の目標は6.5-7%のレンジだった。活動報告では「対外貿易の回復持続と着実な伸びを確実にする」方針も示された。

原題:China Imports Surged in February as Exports Missed Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE