【個別銘柄】三越伊勢丹や日新製鋼が下落、医薬品軟調、積ハウス上昇

更新日時

8日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。

  三越伊勢丹ホールディングス(3099):前日比4%安の1311円。みずほ証券は7日付で投資判断を「買い」から「中立」に、目標株価を1550円から1350円に引き下げた。構造改革を進めてきた大西社長の退任は三越の地方店を中心とする不採算店舗や低採算事業の構造改革の後退につながる可能性が高いと指摘した。

  日新製鋼(5413):2.1%安の1618円。ジェフリーズ証券は7日付で投資判断を「買い」から「アンダーパフォーム」に2段階引き下げた。設備投資サイクルに入りフリーキャッシュフローがマイナスに転じると予想、配当支払い能力は限られると分析した。2017年3月期の純利益予想を177億円から47億円(会社計画10億円)に、来期を178億円から144億円に下方修正し、目標株価を1680円から1300円に変更。

トランプ氏ツイートで医薬品株が軟調

Photographer: Yuzuru Yoshikawa/Bloomberg News

  医薬品:武田薬品工業(4502)が0.8%安の5222円、アステラス製薬(4503)が0.7%安の1533円など。トランプ米大統領は7日、製薬業界の競争を促す新しい制度に取り組んでいるとツイートした。これを受け米国株市場でマイランやメルクなどヘルスケア関連株が売られ、S&P500種株価指数の下落寄与度1、2位は医薬品、バイオテクノロジーとなった。SMBC日興証券投資情報部の太田千尋部長は、日本企業も米国で医薬品をかなり売っており、薬価値下げの場合には実害が出ると警戒感を示した。

  積水ハウス(1928):2.9%高の1864円。クレディ・スイス証券は、9日発表予定の会社側の今期業績見通しがポジティブ・サプライズになると指摘した。同証による18年1月期営業利益予想は2033億円と市場予想1864億円を大きく上回ると見込む。国内ではコスト削減、海外では米国を中心とした投資によって利益成長が続くと想定した。

  ヤマトホールディングス(9064):1.4%安の2418円。メリルリンチ日本証券では、これまでの宅急便運賃の全面値上げ報道を受けて、段階的な値上げを織り込み20年3月期で宅急便単価がほぼフラットまで回復することを前提に業績を予想。20年3月期の営業利益は678億円(会社側の17年3月期計画は580億円)になると算出した。同業績予想をベースにした現状の株価収益率(PER)は22倍、株価純資産倍率(PBR)は1.5倍となるため株価は依然割高と見て、投資判断「アンダーパフォーム」を継続した。

  パスコ(9232):3.4%安の396円。17年3月期純損益計画を10億円の黒字から9億5000万円の赤字に下方修正すると7日に発表した。衛星事業の一部資産について収益性の低下が認められ減損処理を行ったほか、遊休資産の除却損などを特別損失として計上することも響く。最終赤字となるのはリーマン・ショック直後の09年3月期以来。

  オハラ(5218):3.7%高の1221円。政府は新規化学物質の審査特例制度を見直し、全国の生産数量上限の引き上げが可能となる法律案を7日に閣議決定した。8日付の日本経済新聞朝刊では今回の決定は液晶パネルや蓄電池などの原料に使う化学物質の生産規制を緩めるもので、液晶パネルの生産を後押しすると報道した。岩井コスモ証券投資調査部の林卓郎氏は、報道を受け、液晶関連銘柄の1つとして同社株に対する注目が集まったと指摘した。

  LIXILグループ(5938):1.2%高の2881円。ホームセンター事業を手掛ける子会社のLIXILビバ(3564)が4月12日に東京証券取引所に新規上場する。ドイツ証券では子会社上場による直接的な利点は財務体質の改善と記述、持ち株売却で約316億円を得るとした。

  ケネディクス(4321):4.6%高の454円。SMBC日興証券は7日、投資判断「アウトパフォーム」、目標株価730円で同社株の調査を開始した。既存ファンドの拡大やブリッジファンドの組成などで受託資産残高(AUM)の成長は年10%程度で継続すると予想した。17年12月期営業利益は111億円と会社計画109億円を上回ると見込んだほか、来期は120億円に拡大すると試算。

  神戸製鋼所(5406):1.1%高の1138円。みずほ証券は7日付で投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を1000円から1400円に引き上げた。中国建機事業で貸倒引当を追加計上するなど多角化部門の悪材料はほぼ出尽くしたと判断、鉄鋼事業の黒字転換が19年3月期から18年3月期に早まると予想した。

  スカパーJSATホールディングス(9412):2.8%高の509円。子会社が平面アンテナメーカーの米カイメタ社と戦略的業務提携と出資を行うと8日午後1時に発表した。カイメタ社の平面アンテナを車や鉄道などに搭載することでスカパーJSATの通信衛星を利用した通信が可能になるという。

  ジェイエスエス(6074):12%高の1665円。3月末の株主を対象に1株を2株に分割すると8日午前11時30分に公表した。流動性や株主層の拡大などが期待された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE