2016年米大統領選へのロシア干渉疑惑で米下院情報特別委員会が開く公聴会で、連邦捜査局(FBI)のコミー長官やオバマ前政権の当局者らが証言を求められている。

  20日に予定される公聴会に招待されているのは、ロジャーズ国家安全保障局(NSA)局長、クラッパー前国家情報長官、ブレナン前中央情報局(CIA)長官、イエーツ元司法長官代行、ネットセキュリティー会社クラウドストライクの幹部2人だと、下院情報特別委のニューネス委員長が7日、明らかにした。いずれも召喚対象ではなく、証言者が増える可能性もあるという。

  同委員長は記者団に対し、ロシアがトランプ氏当選で共謀したとは思えないが、委員会は徹底的に調査すると述べた。

  一方、トランプ大統領は情報漏えいについて上下両院それぞれの情報特別委員会に調査を要請済みで、今週には自身のオフィスの盗聴をオバマ前大統領が命じていたと主張した。ニューネス委員長とバー上院情報特別委員長は7日、トランプ氏の主張を裏付ける証拠は見つかっていないと述べた。

原題:FBI’s Comey Asked to Testify in House Panel’s Russia-Trump Probe(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE