三菱重:ネット通販拡大で世界的な段ボール需要増、製造機増産を検討

三菱重工業グループで段ボール製造機械など製造・販売する三菱重工印刷紙工機械(印刷紙工)は、世界的な需要拡大を見越し段ボール製造機械の増産を検討している。今後の国内需要の伸びは頭打ちだが、海外では高精度、高速の機械の需要は伸びるとして攻勢を掛ける。

三菱重工印刷紙工機械の工場(広島県三原市)

Source: Mitsubishi Heavy Industries Ltd.

  三菱重工印刷紙工機械の清水雅巳社長がブルームバーグのインタビューで明らかにした。主に国内と米国での機械販売やメンテナンスが中心というこれまでの体制から「今後は欧州、中東、アジア地域などに注力する」と話した。同社の段ボール製造機械の月産能力は現在5台。これを2020年までに7台に引き上げることを検討している。また、オランダの営業拠点に最終組立工場を設置することも計画している。

  17年度の同社全体の売上高は約555億円と見込んでおり、このうち段ボール製造機械事業が395億円を占める見通し。同事業の売上高は13年度は268億円、15年度は344億円だった。米アマゾンなど電子商取引の規模は世界的に拡大しており、配送の需要も年々急拡大している。そのため、梱包(こんぽう)に必要不可欠な段ボールの需要が拡大するとみている。清水氏は「グローバルな水準ではEコマースの伸びが著しく、物流形態が大きく変化している」と述べ、変化を事業に取り込みたい考えを明らかにした。

  同社の機械は糸崎工場(広島県三原市)で必要なパーツを製造し組み立てられている。米国向けには、2年前からメリーランド州の最終組立工場に部材を日本から輸送している。将来的にはこの工場を拠点に南米もカバーしたい考えだ。

  同社は10年にグループ再編で三菱重工印刷紙工機械として発足。11年度からの国内販売台数は累計約100台。一方、海外での販売台数は米国中心に22カ国で約140台と国内を上回る。清水氏によると13年度あたりから徐々にグローバル化が始まった。

  段ボール製造の機械は段ボールシートを製造する機械と、「製函(かん)機」と呼ばれる箱に切り込みを入れたりのり付けなどをして最終製品に仕上げる機械の2種類に分けられる。同社が注力しているのは販売価格が2億円から3億円の製函(かん)機で、1分当たりの生産能力は350枚と世界トップクラスだという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE