7日のニューヨーク外国為替市場でドル指数はほぼ変わらず。トレーダーは週後半に集中するイベントに備えている。

  この日のドルはメキシコ・ペソと韓国ウォンに対して下落した。ロス米商務長官から、ドルが強すぎるのではないとの発言が報じられると、ドルはわずかながら上げを失った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比変わらずの1245.15。ドルは対円で0.1%未満上昇して1ドル=113円98銭。対ユーロでは0.2%高い1ユーロ=1.0566ドル。

  今週は欧州中央銀行(ECB)の定例政策委員会が開かれるほか、米国では2月の雇用統計が発表される。

  欧州発の経済統計の内容はおおむね改善されたがトレーダーはECBは少なくとも仏大統領選挙終了までは金融政策を変更しないとみている。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想ではECBは少なくとも6月末まで今の姿勢を維持する。利上げがあるとしたら来年以降と予想されている。

  米金融政策当局による3月利上げがほぼ確実視されている中で、トレーダーは8日発表される米民間雇用統計に注目している。給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが給与名簿に基づく集計調査を発表する。市場参加者は米労働省が10日発表する雇用統計前にADP統計を基に雇用見通しを微調整する。労働省発表の雇用統計が今後の利上げ見通しの時期を見極める手掛かりになる可能性があるとみられている。

  トレーダーは雇用統計で引き続き月間20万人程度の雇用増が示され、時給の伸びが予想されている年2.8%増のペースとなった場合、当局は年内の利上げ回数について、従来予想を維持するのかどうか説明を求められる可能性があると話した。
  

原題:Dollar Marks Time Before ADP Report, ECB Meeting and Jobs Data(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE