中国の2月末の外貨準備高は予想に反して増加した。当局が資本流出への管理を強化する中、8カ月ぶりの拡大となった。

  中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した外貨準備高は2月末時点で3兆50億ドル(約342兆円)。1月末から69億ドル増えた。ブルームバーグのエコノミスト調査では2兆9690億ドルが見込まれていた。

  コメルツ銀行の周浩エコノミスト(シンガポール在勤)は、「今回の外貨準備高の持ち直しはサプライズだ」と指摘。「市場のセンチメントが安定していたことやオンショア人民元の売買が通常よりも少なかったことから、人民銀による先月のスポット市場への介入は恐らくそれほど多くはなかったことを外貨準備の増加は示している」と述べた。

原題:China FX Reserves Rise First Time Since June Amid Capital Curbs(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE