海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎米ミネアポリス連銀総裁:完全な損失吸収能力などは幻想

◎アルゼンチンの格付け見通しを「ポジティブ」に変更-ムーディーズ

◎メキシコ・ペソの上昇は持続へ、対米関係めぐる不安後退-ウェルズF

◎次回の米利上げ予想を5月で維持、他社は変更でも-米国みずほ証

◎エクソン、米国内の石油・ガス処理施設に200億ドル投資へ

◎トランプ米大統領、入国制限で新大統領令-法的問題に対応へ

◎米国、国連安保理の緊急会合求める-北朝鮮の弾道ミサイル発射で

◎スナップ株が一時9%安、アナリスト5人が「売り」判断で

◎中国食品サービス業界に海外乳製品大手が参入-シェフの訓練に熱

◎G20財務相会議声明、「保護主義反対」の言い回しを削除-草案

◎ナバロ米NTC委員長:「互恵的な」貿易望む-成長や赤字削減目指す

◎EU当局、デリバティブ新規則への適用範囲を縮小-草案

◎ゴールドマン:原油需要、ようやく供給に追いつく見通し-リポート

◎ECB、9日会合で国債貸し出し拡大しない公算大-ロイター

◎政井日銀委員:極めて緩和的な金融環境を維持する

◎川崎汽船、南ア競争当局が制裁金-トヨタ車輸送入札で不正か

◎デルタ航空:通期税引前利益60億ドルへ、上期利益率に「下押し圧力」

◎米タイソン、契約養鶏所の鳥インフルに「全力で対応している」

◎スナップ「アンダーパフォーム」で判断開始、「宝くじのよう」-ニーダム

◎ロンドン一等地オフィス物件、今年20%値下がりも-EU離脱で不透明

◎ヘッジファンドのブレバン、旗艦ファンドの成績プラス回復-2月好調

◎世界経済は底堅く、先進国の成長率は17-18年に加速へ-フィッチ

◎メットライフ、BofAメリルが投資判断を「ニュートラル」に下げ

◎米製造業受注:1月は前月比1.2%増-市場予想1%増

◎ドイツ銀の新戦略、投資家の反応まちまち-株価は一時6.9%安

◎輝き増すロンドンの至宝-EU離脱でもスワップ決済業務は安泰か

◎ナバロ米NTC委員長:トランプ政権、赤字を減らし雇用の伸び加速へ

◎3月FOMCでの利上げ、「かなり確実」-ハバード氏

◎続報:ゴープロ判断「売り」に下げ-ゴールドマン、2営業日で2社目

◎フェデックスの投資判断引き上げ、工業の見通し改善で-BMO

◎ネットフリックス株が上昇-UBSが契約者数見通しに上振れ余地指摘

◎米ゴープロの投資判断を「売り」に引き下げ-ゴールドマン・サックス

◎仏大統領選:有力候補の支持率、変わらず-オピニオンウェイ調査

◎ロシア:北朝鮮のミサイル発射を「深く憂慮」-大統領府報道官

◎ギリシャ:4QのGDPは前期比1.2%減-速報値から下方修正

◎仏大統領選挙、ジュペ元首相が不出馬表明-フィヨン氏の代替とならず

◎中国は貿易収支で大幅な黒字を求めていない-朱財政次官

◎マクドナルド、中国の中小都市で出店拡大へ-中信資本の張会長

◎ロシアのハッカー攻撃、米進歩的団体の弱み握り金銭要求-関係者

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE