米国家通商会議(NTC)のナバロ委員長は経済成長を押し上げ、貿易赤字を削減するとともに海外勢から米国の生産能力を守るために他国とより「互恵的」な貿易関係を望んでいると述べた。

  ナバロ委員長は6日、ワシントンで行われたエコノミスト会議で「知恵を使った厳しい交渉を通じて貿易赤字を縮小できるのであれば、米国は成長率を押し上げることができるだろう」と述べ、貿易赤字縮小に向けた行動を取らなければ「最終的には海外勢が米国の大半を保有し、米国が貿易を行える余地はなくなるだろう」と続けた。

  さらに委員長はトランプ大統領の目標は「自由で公正、互恵的な貿易」である。米国の貿易は現状では「互恵的からほど遠い」と述べ、「赤字問題の大きな責任を負うべき」国としてアイルランドやベトナム、中国、韓国、台湾、スイスを含む16カ国を挙げた。

  中国・人民元が過小評価されているかとの質問に対してナバロ委員長は米中の貿易バランスを見ると「中国の通貨が過小評価されているのは明らかだ」と指摘した上で、中国当局は最近、人民元押し上げのために介入していると述べた。ドル水準についての発言は拒否した。

原題:U.S. Aims to Reclaim Global Supply Chain, Trump Trade Aide Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE