川崎汽船、南ア競争当局が制裁金-トヨタ車輸送入札で不正か

  南アフリカの競争委員会は、川崎汽船が トヨタ自動車の車両輸送の入札で不正を働いたとし、制裁金として同社 が南アで稼ぎ出す年間売上高の最大10%の支払いを求めた。

競争委は発表文で、南アから欧州、北アフリカ、カリブ海地域への トヨタ車輸送に関する入札で川崎船が価格操作、市場分割、価格協定を 行ったと主張し、同国の競争審判所に審判請求を行ったことを明らかに した。

原題:K-Line Facing Fine in S. Africa For Collusion on Toyota Vehicles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE