仏大統領選挙、ジュペ元首相が不出馬表明-フィヨン氏の代替とならず

更新日時

フランス大統領選挙の共和党候補指名をフィヨン元首相と争って敗れたジュペ元首相は、フィヨン氏の代わりの候補として大統領選に出馬することはしないと表明した。

  ジュペ氏(71)は6日、テレビ放映された会見で「大統領選挙に出馬しないと断言する」と言明した。

  フィヨン氏は2カ月ほど前までは次期大統領の最有力候補だった。だが、今や公金流用の疑いをめぐる刑事訴追に直面し、同氏に撤退を求める声が強まっている。ジュペ氏はこれに加わらない姿勢だ。

  4月23日の第1回投票については極右のルペン国民戦線(FN)党首が大半の世論調査で支持トップを維持しているが、5月7日の決選投票では無所属のマクロン前経済相が大差で勝利する見込みとなっている。

原題:Juppe Says He Won’t Be a Stand-In Candidate in French Race (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE