トルコのエルドアン大統領は5日、トルコ系住民が多く住むドイツでトルコが4月に行う大統領の権限強化を巡る国民投票に向けた集会にトルコ閣僚の参加が禁止されたことについて、ナチス時代のようだとドイツ政府を批判した。トルコの人権問題を巡りすでに対立している両国の関係が、一段と悪化しつある。

  トルコのアナトリア通信によれば、大統領はイスタンブールでのイベントで、ドイツの決定は「民主主義とは無関係だ」と主張し、ドイツの「最近の行いは過去のナチスと何ら変わりない」と言明した。独政府の報道室にコメントを求め電話したが応答はなかった。

  ドイツの与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)のカウダー連邦議会(下院)院内総務はベルリンで同日、北大西洋条約機構(NATO)に「加盟する一国、特に法治という点で大きな問題を抱えている国のリーダーが別の加盟国についてこのように話すことは信じ難く、受け入れることはできない」と述べた。ARDテレビのインタビューで発言した。

原題:Erdogan Hits Germany With Nazi Slur as Relations Deteriorate (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE