国内市況の指標はここをクリックしてご覧下さい。過去の国内市況の記事はこちらです。

●日本株続落、円高推移と北朝鮮リスク-保険や公益、ヤマトHDが安い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は続落。為替のドル安・円高推移が嫌気され、北朝鮮が日本海に向けミサイルを発射し、地政学リスクも懸念された。保険など金融株、電機など輸出株の一角が下げ、陸運やガスなど公益、不動産株も軟調。陸運では、未払い残業代問題が浮上したヤマトホールディングスが安い。

  TOPIXの終値は前週末比3.15ポイント(0.2%)安の1554.90、日経平均株価は90円3銭(0.5%)安の1万9379円14銭。

  T&Dアセットマネジメントの神谷尚志チーフ・エコノミストは、米連邦準備制度理事会(FRB)が「年2ー3回のペースでFF金利を3%まで上げるというイメージを市場は既に持ち、さらに3%以上ということにならないと米10年債利回りは上昇しにくく、為替も大きく円安に進むことはなさそう」と指摘。需給面では、日本銀行の上場投資信託(ETF)の今年度内の購入は「オーバーペースで、今月はあと3回しか買えないということになり、サポート要因にも欠ける」との見方も示した。

  東証1部33業種は保険、電気・ガス、陸運、不動産、精密機器、小売、電機など23業種が下落。石油・石炭製品や鉄鋼、その他製品、鉱業、食料品など10業種は上昇。大和証の三宅氏は石油や鉄鋼株の堅調について、中国が石炭と鉄鋼の生産能力の削減目標を掲げており、「過剰な供給を引き続き削減する方針で安心感はある」と話した。東証1部売買高は14億897万株。売買代金は1兆7210億円と2月21日以来、およそ2週間ぶりの低水準。上昇銘柄数は916、下落は930。

  売買代金上位では、傘下銀行の保有株売り出しが嫌気された三井住友フィナンシャルグループ、未払い残業代の社内調査を行っていることを明らかにしたヤマトHDが安い。みずほ証券が投資判断を下げたSUMCO、社長交代観測の三越伊勢丹ホールディングスも売られた。半面、任天堂やりそなホールディングス、JXホールディングス、コロプラ、森永乳業は高い。

●超長期債が堅調、日銀オペ減額の影響限定との見方-長期金利は上昇

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券市場では超長期債が堅調に推移。日本銀行による長期国債買い入れオペが相場に与える影響は限定的との見方から、明日の30年債入札に対する警戒感が緩和した。

  現物国債の新発20年物159回債は買いが先行。利回りは日本相互証券が公表した前週末午後3時時点の参照値から1ベーシスポイント(bp)低い0.645%で寄り付き、一時は0.635%と2月28日以来の低水準を付けた。新発30年物53回債は利回りが一時1.5bp低い0.835%と、3月1日以来の水準まで買われた。新発40年物9回債利回りは2bp低下して0.99%。一方、長期金利の指標となる新発10年物346回債利回りは、0.5bp高い0.075%で推移している。

  パインブリッジ・インベストメンツ債券運用部の松川忠部長は、「超長期債は先週末の日銀オペ減額にもかかわらず、押し目買い需要が強い感がある」と指摘。その上で、明日の30年債入札について、「週内に超長期のオペが2回予定されていることもあり不安はない」とみる。財務省が7日に実施する30年利付国債の価格競争入札の発行予定額は8000億円程度。

  長期国債先物市場で中心限月3月物は前週末比1銭高の150円61銭で取引を開始。その後は上値が重く、一時は4銭安の150円56銭まで水準を切り下げた。午後に入ると再びプラス圏に浮上し、150円63銭まで上値を伸ばしたものの、結局、1銭安の150円59銭で引けた。

●ドル・円下落、米3月利上げをほぼ織り込む-北朝鮮リスクで円買いも

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場ではドル・円相場が1ドル=113円台後半へ下落。3月の米利上げがほぼ織り込み済みとなる中で、北朝鮮によるミサイル発射を受けたリスク回避の円買いが優勢となった。

  午後3時25分現在のドル・円相場は前週末比0.2%安の113円82銭。朝方はイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が先週末の講演で3月利上げに前向きな姿勢を示したことを受け、114円14銭までドル買いが先行。その後円買いが強まり、113円72銭と2営業日ぶりの水準まで値を下げた。先週末は米早期利上げ観測の高まりを背景に、一時114円75銭と2月15日以来の水準までドル高・円安が進んでいた。

  オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)マーケッツ本部外国為替・コモディティー営業部長の吉利重毅氏は、3月利上げが織り込まれたところで、北朝鮮のミサイル発射もドル・円の調整地合いに寄与したと説明。「ドル高が続くとしたら、相場が3月FOMC(米連邦公開市場委員会)を受けて、年内3回ないしは4回の利上げを織り込みに行くかどうかだろう。ただ、トランプ政権の幹部がそろわない中で、そこまでは織り込みづらそう」と話した。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE