投資家は就任時には警戒したが、トランプ米大統領には期待しているようだ。

  企業のレバレッジ増大や米利上げ見通しから政策リスクに至るまで、米株式市場への逆風が吹き荒れている。だが米銀ゴールドマン・サックス・グループの算出によれば、株式とクレジットの最も流動性の高いオプション取引で投資家が支払っているリスクプレミアムは低水準だ。

  投資家がリスク志向を急速に強める中で、同行のデータは、今回の世界的な株高局面における最初の段階、つまり昨年11月の米大統領選挙から同年末までに購入したヘッジの解消が進んだことを示している。

  ジョン・マーシャル氏らゴールドマンのデリバティブストラテジストは3日の文書で、同行の指数はここ6年で最ももリスクをいとわないレベルにあると説明し、「投資家が全般的に株式とクレジットの双方でヘッジしていないことを示唆している」と記した。

原題:Investors Shunning Hedges in the Trump Rally, Goldman Sachs Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE