週末の北米映画興行収入ランキングで、20世紀フォックスの「Xメン」シリーズ最新作「ローガン」が初登場1位となった。今年の週末封切りとしては最大のヒットとなっている。

  ローガンの興行収入は推計8530万ドル(約97億円)。調査会社コムスコアが5日、資料を配布した。コムキャスト傘下ユニバーサル・ピクチャーズの「ゲット・アウト」(原題)は前週の首位から2位に後退。2週目週末の興行収入は推計2610万ドル。

  ライオンズゲート・エンターテインメントの「ザ・シャック」(原題)が推計1610万ドルを稼ぎ、初登場3位となった。

原題:‘X-Men’ Sequel ‘Logan’ Tops Box Office With Biggest 2017 Debut(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE