米政府は自動車メーカーが求めていた乗用車・小型トラックの温室効果ガスの排出基準見直しに扉を開く計画だ。同計画に詳しい関係者1人が明らかにした。

  米環境保護局(EPA)はオバマ政権の終盤に、2011年に自動車業界と合意した排ガス基準を25年まで継続することを決定した。

  同関係者によると、この決定は来週にも再検討のため撤回される。計画が未公表のため匿名を条件に語った。EPAのスポークスマンはコメントを控えた。

原題:Trump Said to Plan Reconsideration of Auto-Emission Mandate (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE