NY外為(3日):ドル反落、イエレン議長は利上げ加速示唆せず

更新日時

3日のニューヨーク外国為替市場ではドルが反落した。週間ではプラス圏にとどまり、過去4週間で3週目の上昇相場となった。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演で、3月利上げはほぼ確実と市場で織り込まれた。

  朝方に下げていたドルは、イエレン議長の発言直後に下げ渋った後、結局は一段安となった。イエレン議長は雇用とインフレが米金融当局の期待に引き続き見合うなら、次回米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが「適切となる可能性が高い」と述べた。ただ、今年の利上げペースが速くなる可能性を示唆するには至らなかった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は週間ベースで約0.5%上昇。今週は一時、約1.3%高まで上昇していたが、この日のメキシコ・ペソの急伸に押され、上げ幅を縮小した。北米自由貿易協定(NAFTA)で米国とメキシコが賢明な合意を結ぶことができれば、メキシコ・ペソは「大きく」戻すだろうとのロス米商務長官の発言が影響した。

  ニューヨーク時間午後5時15分頃、ドルは対円で114円04銭。イエレン議長の講演直後には114円75銭まで上昇したが、米国債利回りとともに伸び悩む展開となった。ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0622ドル。午後に入って一段高となり、1.0600ドルを上回った。

  今週は米金融当局から近く利上げが適切になるとの発言が相次いだ。イエレン議長の講演に先立ち、フィッシャーFRB副議長はイエレン議長について「他のメンバーの見解を無視するような決定は下さない人だ」と述べた。イエレン議長の講演をもって、FOMCメンバーは14-15日開催の次回会合に向けて発言を自粛するブラックアウト期間に入った。

  UBSウェルス・マネジメントで戦術的資産配分の責任者を務めるジェイソン・ドゥレイホ氏は、イエレン議長の講演について、「金利水準のシフトというよりは、タイミングのシフトが示唆された。インフレ加速の兆候がより鮮明になるまでは、市場が利上げをもっと織り込むとは考えにくい」と述べた。同氏によると、イエレン議長発言に対する通貨市場の反応は「控えめ」で、UBSとしてはドルは対ユーロ、対円で上昇すると予想している。

原題:Dollar Trims Weekly Rally as Yellen Tips March, Tempers Outlook(抜粋)
USD, Treasury Traders Await Fed Clarity on Pace: UBS Wealth Mgmt

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE