フェラーリやランボルギーニの新車が目玉に-ジュネーブ自動車ショー

9日から一般公開が始まるジュネーブ自動車ショーには多くの世界の大手自動車メーカーが集結し、各社が最高の新型モデルを披露する。

  一般公開は19日までで、世界各国の自動車ファンのほか、ジャーナリストや自動車会社の幹部らが多数参加する見通しだ。欧州の主要自動車ショーとしては今年最初に開かれ、域内で最も重要だ。1月の北米国際自動車ショーには国際家電見本市「CES」を優先した自動車メーカー数社が参加を見送ったが、ジュネーブには大半のメーカーが全力を注ぐ構えだ。

  高級車で最大の目玉になることが見込まれるのは、フェラーリやマクラーレン、パガーニ、ランボルギーニの新型モデルだ。

フェラーリ「812スーパーファスト」

ource: Ferrari

  フェラーリは「フェラーリF12ベルリネッタ」の待望の後継車「812スーパーファスト」を披露する。「812スーパーファスト」は2.9秒弱以内に時速60マイル(97キロメートル)に達することが可能で、最高時速は211マイル。

  マクラーレンは、「マクラーレン・スーパー・シリーズ」の第2世代モデル「720S」を公開する。広報担当者によれば同モデルは完璧なバランスのスーパーカーで、「並外れた車両停止能力」を持ち、時速124マイルでの走行状態からたった4秒余りでぴたりと停止することができる。

パガーニ「ウアイラ・ロードスター」

Source: Pagani

  イタリアの自動車メーカー、パガーニは新型「ウアイラ・ロードスター」を披露する。現在販売されているウアイラ・ロードスターの大半はすでに売り切れとなっているが、まだ関心がある人のために言うと、同モデルは排気量6.0リットルのV型12気筒ツインターボエンジンを搭載する。

  ランボルギーニは、「ウラカン」をさらに高速・強力にしたような新モデルを公開する。ランボルギーニの広報担当者は同モデルについて詳細を明らかにするのを控えた。

  ジュネーブ自動車ショーでもう一つの大きな目玉は、高級スポーツタイプ多目的車(SUV)だ。ランドローバーは、「レンジローバーヴェラール」を披露する。同モデルは、同社にとって2011年に投入したより小型の「イヴォーク」以来のクロスオーバーとなる。

ランドローバー「レンジローバーヴェラール」

Source: Jaguar Land Rover

原題:Ferrari, Lamborghini, Pagani Set to Thrill at Geneva Motor Show(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE