ニューヨーク時間2日の外国為替市場ではドルが続伸。米金融当局者から相次ぐタカ派的な発言に反応し、米国債利回りが大きく上昇した。ドルは昨年5月以降で最長の連続高。

  パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)理事はこの日、次回米連邦公開市場委員会(FOMC、3月14-15日開催)で利上げは活発に議論されると述べた。前日には、普段はハト派的な発言で知られるブレイナード理事から、利上げは「すぐに適切になりそうだ」との発言が出た。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は5営業日連続で上昇し、1月20日以来の高水準。ニューヨーク時間午後4時40分頃は前日比0.5%上昇の1251.08。

  ドルは対円で0.6%高い114円41銭。一時は114円59銭まで買い進まれた。ユーロは対ドルで0.4%下げ、1ユーロ=1.0507ドル。一時は1.0500ドルを割り込み、2月22日以来の安値を付けた。

  市場は3月利上げをほぼ確実なものとして織り込んだ。焦点は3日に予定されているイエレンFRB議長、フィッシャー副議長の講演に移った。同日にはシカゴ連銀のエバンス総裁、リッチモンド連銀のラッカー総裁、パウエルFRB議長も発言する。

  エレン・ゼントナー氏率いるモルガン・スタンレーのエコノミストらはリポートで、金融情勢は十分に緩和的であり、米金融政策当局による今月の利上げは可能だとの見方を示した。また、ドル相場見通しの修正と個人消費支出(PCE)コア価格指数の見通しを踏まえ、年内の利上げ回数をこれまでの2回から3回に、2018年の利上げ回数を前回の3回から4回に引き上げた。

原題:Dollar Climbs to Highest Since January as Rate-Hike Wagers Build(抜粋)
Stocks Fall From Records as Rate Bets Boost Dollar: Markets Wrap(抜粋)
Morgan Stanley Now Sees March Fed Hike and Four Hikes in 2018

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE