トランプ大統領が称賛のキャタピラー、当局の家宅捜索で株価急落

更新日時
  • IRS、FDIC、商務省の担当者がイリノイ州の事務所に立ち入り
  • トランプ大統領は先週、キャタピラーが「大好きだ」と発言

キャタピラーは1週間前、素晴らしいブルドーザーを製造しているとしてトランプ大統領に称賛されていた。トランプ氏は同社のダグ・オーバーヘルマン会長ら米製造業首脳とのホワイトハウスでの会合で、「私はキャタピラーが大好きだ」と発言した。

  そのキャタピラーが2日、当局の家宅捜索を受けた。刑事捜査の一環として税や輸出、スイス子会社に関係する証拠資料を押収することが目的で、イリノイ州ペオリアにある本社では、商務省と内国歳入庁(IRS)、米連邦預金保険公社(FDIC)の担当者や州警察当局者が出入りする姿が見られた。

  捜索を受けて、キャタピラーの株価は2日、4.3%安の94.36ドルと昨年6月以来の大幅安となった。同社株はトランプ氏の当選以降、1兆ドルのインフラ投資の公約実行に対する期待感で大幅上昇していた。

  2日の大規模な家宅捜索は、イーストペオリアの事務所や、世界のディーラー向けに交換部品を出荷する業務などを手掛けるモートンの施設も対象に行われた。

  スイス子会社キャタピラーSARL(CSARL)が関わる部品出荷から生じた利益について、キャタピラーには納税義務があると主張する米税務当局と同社は長い間争ってきた。同社は先月提出した年次報告書で、追徴課税などで約20億ドル(約2300億円)の支払いを求める税務当局と積極的に争う考えを示していた。

  キャタピラーは2日に電子メールで配布した資料で、「令状は幅広いものだが、とりわけCSARLの問題に関係する輸出申請を巡るものだと当社は考えている」とコメントし、捜査に協力していると説明した。同社は顧客への融資を行う金融部門を傘下に持つ。

  ブルームバーグ・ニュースが入手した3通の関連する捜索令状によると、当局はCSARLに関わる書類や電子ファイルの押収を認められた。令状にはハロルド・ベーカー判事が2月24日に署名した。

  FDICの報道官は2日の家宅捜索についてコメントを控えている。IRS犯罪捜査部門のジャスティン・コール報道官は、担当者がこれらの施設に立ち入ったことを確認したが、詳細は明らかにしていない。商務省にコメントを求めるボイスメールを送ったが、現時点で返答はない。

原題:Caterpillar Goes From White House Kudos to Multi-Agency Tax Raid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE