中国の配車アプリ滴滴出行、数十億ドルの資金調達検討-関係者

  • 資本増強の必要性に関し、投資家の間で意見分かれる
  • 実際に資金調達となれば、調達額は30億ドル以上となる公算-関係者

配車アプリを手掛ける中国の滴滴出行が、数十億ドル規模の資金調達について投資家と非公式に協議している。利益を生むビジネスモデルを構築するまでの時間をより多く確保することが目的。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同社は昨年、米ウーバー・テクノロジーズの中国事業を買収した。

  情報が非公開だとして匿名を条件に話した関係者によると、現時点で資本増強が必要なのかを巡って、100を超える滴滴出行の投資家の間で意見が分かれている。配車サービスへの規制が強化される中、資金調達賛成派はより多くの資金を集めることで滴滴が自律走行の技術開発などを進められると主張しているという。

  一方、懐疑的な見方を示す投資家は、滴滴が昨年100億ドル(約1兆1400億円)を調達したことを踏まえてキャッシュは十分であり、新たな調達で既存株式が希薄化するだけだと反論していると関係者は話した。アップルやテンセント・ホールディングス(騰訊)も出資している滴滴は資金調達を進めるかどうかを決めておらず、この問題を一部の投資家には通知していないという。

  関係者の1人によれば、実際に資金を調達するとすれば、滴滴は少なくとも30億ドルの調達を探る公算があり、それによって現在340億ドルとなっている同社の価値を高めることができるかどうか議論している。

  滴滴の広報担当者は資本増強を探っていないと否定。電子メールで「そのような資金調達計画はない」と説明した。

原題:China’s Didi Said to Weigh Raising Billions in Fresh Capital(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE