写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営する米スナップの新規株式公開(IPO)の価格は、仮条件を上回る1株当たり17ドルに設定された。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語った。IPO後の発行済み株数を11億6000万株とすると、スナップの時価総額は約200億ドルとなり、完全希薄化後の株数(13億9000万株)では236億ドル(約2兆6800億円)に達する。

  スナップの2億株のIPOの仮条件は14-16ドル。事情に詳しい複数の関係者が2月28日に明らかにしたところによれば、注文はこれを上回る1株当たり約17-18ドルに集中していた。

  スナップは「SNAP」のティッカーでニューヨーク証券取引所(NYSE)に株式を上場する。取引は2日に始まる。

原題:Snap Said to Price Shares in IPO at $17 Each, Above Range (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE