ニューヨーク時間1日の外国為替市場ではドルが上げを縮める展開となった。一時は、世界的に成長が加速し米金利上昇への道筋が整うとの見方が広がり、ドルは大きく上げる場面があったが、その後勢いを失った。市場の注目は3日に予定されている米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長、フィッシャー副議長の講演に移っている。

  ドルは主要10通貨の過半数に対して上げたが、上昇の度合いは通貨によってまちまち。最も上げたのは金利に敏感な対円相場で、一時は前日の安値から2%上げた。一方で対ユーロでの上げは小幅なものにとどまった。この日は、米10年債利回りの上昇が2.4688%で止まったことも手掛かりに、ドルは上昇の勢いを弱めた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%上昇。ドルは対円で0.9%高い1ドル=113円73銭。一時は114円05銭を付けた。ユーロはドルに対して0.3%下げて1ユーロ=1.0547ドル。一時は今週の安値となる1.0514ドルを付けた。

  トレーダーの注目は、利上げ見通しをめぐるイエレン議長、フィッシャー副議長の見解に移りつつある。政策当局者による最近のタカ派的な発言を受けて、市場での利上げ確率はこのところ上昇している。

  午前中は米国債利回り上昇のほか、トランプ大統領の議会演説に反応した世界的な株高にもドルは支えられた。

  米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によれば、経済は全国的に緩慢、ないし緩やかなペースで拡大し、労働市場は一段と引き締まった。 一方で賃金の上昇やインフレに顕著な加速は見られなかった。

原題:Dollar Pares Gains as Momentum Slows Near Mid-February Highs(抜粋)
Dow Passes 21,000, Dollar Jumps as Rate Hike Looms: Markets Wrap(抜粋)
Fed Says U.S. Growing Modestly With Subdued Inflation Signs (1)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE