米ウェルズ:CEOなど幹部の賞与見送り、過去の報酬も一部取り消し

米銀ウェルズ・ファーゴは経営幹部8人を対象に2016年分の現金賞与支給を見送り、14年にさかのぼって支給済み報酬の一部を取り消すことを決めた。顧客に無断で口座を開設した不祥事の責任を幹部らに負わせる。

  同行が1日出した発表文によると、ティム・スローン最高経営責任者(CEO)やジョン・シュルーズベリー最高財務責任者(CFO)を含む8人に対する給与および株式報酬を、総額で約3200万ドル(約36億円)相当を減額する。発表文はまた、14年に与えられた株式報酬の一部が最大5割カットとなったことも明らかにした。

  スティーブン・サンガー会長は発表文で、今回の措置は「不正行為の発見とは関連がないが、説明責任を明確にし、顧客利益を確実に最優先する現在の取り組みの一環だ」と述べた。

  同行によると、取締役会は現在も営業慣行に関する内部調査を続けている。

原題:Wells Fargo Pulls Bonuses, Claws Back Awards for Top Executives(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE