中国は今年も重厚長大型の産業にメスを入れ、雇用創出に向けサービス業やインターネット関連企業を支援する。

  尹蔚民・人事社会保障相は北京で開いた1日の記者会見で、中国は過剰生産能力を抱える産業で新たに50万人を削減する計画だと表明。これは数年で鉄鋼と石炭の労働者180万人を減らす取り組みの一環であり、昨年は約72万6000人を削減したと述べた。

尹蔚民・人事社会保障相
尹蔚民・人事社会保障相
Photographer: Liu Jin/AFP via Getty Images

  尹氏は、仕事を失った労働者の再就職を支援するため中央政府が1000億元(約1兆6500億円)の予算を計上しており、うち300億元余りを昨年使ったと説明。「職を失った従業員の再就職が過剰生産能力の削減における最優先課題だ」とし、「今年はこうしたプロセスを安定的かつ整然とした形で確実に進める」と話した。

  中国は重工業の規模を減らす一方、大量の労働人口に対する雇用創出に向け、サービス業の拡大を図っている。尹氏は、新たな仕事を多く生み出しているインターネット関連セクターを支える政策を政府が恐らく打ち出すと述べた。

原題:China Plans to Cut 500,000 Jobs This Year in Smokestack Sectors(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE