中国主席:金融リスク抑制で監督強化必要-全人代が今週末開幕

  • 習主席が共産党中央財経領導小組の会議で発言
  • 中国経済の質と効率改善、供給サイドの構造改革に取り組む

中国の習近平国家主席は今年も「安定を維持する一方で前進を図る」と表明した。金融リスクのコントロールには監督強化が必要だとも述べた。国営新華社通信が2月28日報じた。

  新華社の報道によると、習主席は共産党中央財経領導小組の会議で、指導部が中国経済の質と効率改善、供給サイドの構造改革に取り組むと説明。不動産市場の安定維持と工業の過剰生産能力の削減促進も求めた。会議ではいわゆるゾンビ企業への対処が過剰生産能力を減らす取り組みにおいて極めて重要だと結論付けた。

  全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が北京で今週末開幕する。そこで経済成長率とインフレ率の新たな目標が公表される見通し。

原題:Xi Stresses Reining in Systemic Risks as China’s Leaders Gather(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE