スコットランド独立の住民投票は不可避の可能性-行政府首相

更新日時
  • 英政府が歩み寄らなければ、唯一の選択肢になるとスタージョン首相
  • スタージョン首相はメイ英首相に対し、EU離脱で方針転換を迫る

スコットランド行政府のスタージョン首相は、英国が欧州連合(EU)と単一市場からの離脱プラン見直さない限り、英国からの独立の賛否を問う2回目の住民投票がスコットランドの利益を守る唯一の選択肢になると語った。

  スタージョン首相は2月28日夜、エディンバラのデービッド・ヒューム協会が企画したイベントで講演し、英議会の一部はスコットランド行政府を弱体化させる口実として、英国のEU離脱を利用したいと望んでいると発言した。スコットランドは英国の他の地域がEUを離脱しても、EUの単一市場にとどまることを強く求めており、スタージョン首相はメイ英首相に対し、方針を転換し、スコットランドがEU加盟国に認められる資格の主要部分を維持できる協定の締結を迫っている。

  スコットランド民族党(SNP)の党首でもあるスタージョン氏は「独立をめぐる新たな選択の機会を提案することは正当であるばかりでなく、われわれスコットランド住民が将来の方向性について発言する機会を得るために必要な手段といえるだろう。英政府が歩み寄らなければ、われわれの声を反映させ、われわれの利益を守るための唯一の選択肢になるのではないか」と述べた。

原題:Scotland’s Independence Vote Might Be Inevitable, Sturgeon Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE