米ソフトウエアメーカーのセールスフォース・ドットコムが28日発表した2017年2-4月(第1四半期)の売上高見通しは、アナリスト予想に届かなかった。クラウド製品でのライバル社との競争激化が響いた。

  第1四半期の売上高見通しは23億4000万-23億5000万ドル。ブルームバーグが集計したアナリスト予想は23億7000万ドル。同四半期の一部項目を除く調整後1株当たり利益見通しは25-26セントと、アナリスト予想平均の30セントを下回った。

  通期売上高見通しは101億5000万-102億ドルと、昨年11月時点の予想(101億-101億5000万ドル)から引き上げ。ブルームバーグまとめによるアナリスト予想は101億6000万ドル。

  セールスフォースの株価は年初来19%値上がり。同日の通常取引終了後の時間外取引で値を下げている。

  今年1月31日終了した第4四半期の一部項目を除く調整後1株当たり利益は28セント。売上高は27%増の22億9000万ドルとなった。アナリスト予想はそれぞれ25セントと22億8000万ドルだった。

原題:Salesforce Revenue Forecast Falls Short as Cloud Rivals Gain (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE