カジノ楽しむなら国内で-税収確保目指すベトナム、国民は歓迎か

  • 外国人にだけ認めていたカジノをベトナム人にも容認する試験プラン
  • マレーシア企業と組んで「米国式」くじも開始している

ベトナムの改革指導者ホーチミンは戦争中に学校や病院向けの資金に充てるためくじの売上金に頼った。21世紀の今、ベトナム共産党指導部が財政を賄うため活用しようとしているのがカジノや競馬だ。

  フック首相は今年、ギャンブル事業に関する2つの政令を発した。1つはこれまで外国人にしか認めていなかったカジノを、ベトナム国民も楽しめるようにする3月からの試験的プランについて。もう1つは競馬とドッグレース、そして海外サッカーを対象としたくじをベトナム全土で認めるというもの。

二輪車からくじを購入

Photographer: Maika Elan/Bloomberg

  国内のギャンブルをより魅力的なものにし、歳入を増やすことが狙いだ。財務省は昨年、マレーシア企業のベルジャヤと協力し「米国式」のくじも始めている。

  ベトナムのカジノのなどの投資機会について海外投資家に助言するリードコ・リーガル・カウンセルのパートナー(ハノイ在勤)、アレクサンダー・ルジャンドル氏は、ベトナムには「税収が必要だ。国の財政状況はプレッシャーにさらされている」と話す。

  バンドン経済特区のアドバイザー、オーガスティン・ハ・トン・ビン氏によれば、マカオやシンガポール、それに地続きの隣国カンボジアなど国外でベトナム人はカジノなどのギャンブルに毎年、推計8億ドル(約900億円)を費やす。政府の考えはこうした資金を流出をさせたくないということだ。ハノイの北東約175キロの同特区では、現地投資家のサン・グループが資金を拠出するカジノが計画されている。

財務省系の「ベトロト」

Photographer: Maika Elan/Bloomberg

  合法ギャンブルの新たな窓口は、ベトナム国民に熱狂的に歓迎されそうだ。財務省によれば、2011-15年に国民はくじの購入に約130億ドルを投じた。収入の伸び率は年平均12%だという。ベトナム全国58省のうち21省のくじ運営会社から成る南部の協会によれば、同協会は昨年30億ドル近くを集め、07年と比べると200%以上の伸びとなっている。

  ギャンブル業界関連の投資には経済効果もある。地域の持続可能な開発のための研究所(IRSD、ハノイ)は、ベトナムのカジノ企業に外国からの投資が30億ドル増えれば、初年度に国内総生産(GDP)を0.58%押し上げる可能性があると推計している。

原題:Overseas Casinos to Eye Vietnam More Closely Than Ever (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE