トランプ米政権は国務省と国際開発局(USAID)の予算を3分の1余り削減する案を提示しており、共和・民主両党の上院議員から反発を受けている。

  行政管理予算局(OMB)は、海外援助を行う両省庁の予算を37%削減すると提案している。予算案が公開されていないことを理由に、関係者2人が匿名で明らかにした。国務省とUSAIDは2017年度(16年10月-17年9月)予算で500億ドル(約5兆6000億円)強を要求していた。

  ホワイトハウス高官によると、こうした削減案はトランプ大統領が計画する国防費の大幅増に向けたもの。オバマ前政権時代に気候変動や生物多様性といったプロジェクトを管理する国務省のプログラムが拡大しており、保守系議員の一部は反発していた。

  リンゼー・グラム上院議員(共和、サウスカロライナ州)は、同案が議会で「否決されることは初めから明白だ」と語った。上院外交委員長のボブ・コーカー議員(共和、テネシー州)は予算手続きは始まったばかりだと指摘、ティラーソン国務長官が対策を練っているところだと述べた。

原題:State Department Faces Trump Funding Cut as Senators Resist (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE