国境調整税への支持取り付けで苦労するライアン米下院議長は、意外な味方を見つけた。バノン首席戦略官兼上級顧問だ。

  かつてライアン議長を「敵」と呼んでいたバノン氏はここにきて、議長の国境調整税を成立させる上で頼みの綱となっている。共和党は現段階で上院を通過する望みはほとんどないとみている。

  ホワイトハウスで複数回開かれた会合では、恐らくバノン氏が最も強く国境調整税を支持していたようだと、政府の上級高官とこの協議に詳しい関係者が明らかにした。

  別の政府高官によると、トランプ政権内でもこのほか、ミラー大統領補佐官、プリーバス大統領首席補佐官、ロス商務長官、ナバロ国家通商会議(NTC)委員長が国境調整に賛成している。上級顧問のジャレッド・クシュナー氏はまだ立場を決めかねているという。一方、コーン国家経済会議(NEC)委員長とムニューシン財務長官は、ライアン議長案の国境調整の部分には反対していると同高官は話した。

  関係者によると、大統領選挙戦中からトランプ氏の保護主義的政策の旗振り役であったバノン氏は、国境税で「メード・イン・アメリカ」と表示された製品を後押しするとの見解に共感している。

原題:Ryan Said to Forge Unexpected Alliance With Bannon on Border Tax(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE