米ニュージャージー州マールトンの自動車販売店で37年働いてきたラリー・クル氏はここにきて初めて、売れ残ったホンダ車の保管スペースを借りることを余儀なくされた。これは、米自動車販売ブームが冷え込み始めた新たな兆候だ。

  自動車生産台数が販売台数を上回る中、全米各地の販売店では在庫が積み上がっている。オートモーティブ・ニュース・データ・センターによると、2月初め時点の在庫日数は約85日と、年初より約22日、前年同期より8日長くなってきた。

  ホンダ販売店のクル氏は「売れ行きはいい。売り場にある製品がこれまでより多いというだけだ」と話す。「シビック」や「アコード」を含む乗用車が在庫日数にして60日分あり、販売店に近いオフィスの駐車場に置いている。個人的には、売り場に置く在庫は45日分にとどめておきたいとの考えだ。

  記録的な販売増を遂げた自動車市場の勢いが衰える中、在庫の増加はメーカーが生産減または値引き強化という対応を迫られることを意味する。ブルームバーグ・ニュースのアナリスト調査によると、2月の米自動車販売は調整後ベースで年率換算1750万台と、前年同月の1770万台からの減速を示す見通しだ。

  メーカー各社は大幅な販売減には直面していないかもしれないが、2016年に年間販売が過去最高の1750万台に達した後も販売増が続くかのようなペースで新車を販売店に送り込んでいる。

  JDパワーのアナリスト、トーマス・キング氏は電話取材に応じ、「生産削減や販売奨励策の強化は誰も望んでいないが、現在ではその両方が散見される」と指摘した。

  自動車生産の縮小はすでに始まっている。ゼネラル・モーターズ(GM)とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)はシフト減やレイオフのほか、販売があまり好調でない車種を製造する工場の稼働休止日を早い段階で計画するといった対応に出ている。

  2月の販売台数は、主要自動車メーカー8社のうちGM、ホンダ、フォルクスワーゲンで増加したと予想されている。GMはフルサイズトラックの値引きを強化などを追い風に約2.5%増加したとみられる。

関連ニュースと情報:
外国個別銘柄ニュース:NI GAIKABU

原題:Car Dealer’s First Overflow Lot in 37 Years Exposes U.S. Pileup(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE