欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドルが上げに転じる-SF連銀総裁の3月利上げ発言で

  28日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。月末特有のポートフォリオのリバランスや、トランプ米大統領の議会演説を控えリスクエクスポージャーを減らす動きで一時大きく下げたが、その後買い戻しが入った。サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で利上げは「真剣に協議」されるだろうと述べたことから、ドルには一段の買いが入った。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はロンドン時間午後4時のロンドン・フィキシングの少し前にこの日の安値に下落。その後はドル売りが一巡し、ショートカバーが入る中で急速に戻した。ドルは対円でも一時の下げから反転した。
  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%高の1239.43。

  ドルは円に対しては0.1%高の1ドル=112円77銭。午後には一時111円69銭に下げる場面もあった。

  ドルにとってトランプ大統領の演説は難しい判断を迫られる要素であり、トレーダーのエクスポージャー縮小を促している。トレーダーらは、財政面での刺激策の遅れを示唆するような発言が出れば、ドルには重しになると分析している。逆に、刺激策の時期を早めるような発言があればドルには支援材料となる。利上げの確率の高まりや利上げペースの加速と捉えられるためだ。

  ドルは円に対して一時111円69銭に下げる場面もあったが、上げに転じた。あるトレーダーによれば、3月31日の日本の会計年度末を控え、円には今後数週間に一層の需要が集まる可能性がある。
原題:Dollar Reverses Drop as Portfolios Rebalanced at End of Month(抜粋)
USD Rises to Session High; Fed’s Williams Sees March ‘Serious’(抜粋)

◎米国株:小反落、トランプ大統領の演説待ち-政策の詳細を見極めへ

  28日の米株式相場は小反落。トランプ米大統領の議会演説待ちの気分が強かった。市場は政策の詳細を見極めようとしている。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチのストラテジスト、ジェームズ・バーティ氏はリポートで、リフレ取引はなお健在ながら、株価は短期的には伸び切っているようだと指摘した。

  S&P500種株価指数は前日比0.3%下落して2363.64で終了。ダウ工業株30種平均は25.20ドル(0.1%)安の20812.24ドルで終えた。

  S&P500種のセクター別では一般消費財が0.7%安と最も下げがきつい。資本財や電気通信も安い。

  トランプ大統領が公約したヘルスケアや税制、国防支出、移民政策の抜本的な見直しについて、市場は具体的な計画が説明されることを演説に求めている。

  ブルームバーグのまとめによれば、決算発表シーズンが終わりに近づく中、S&P500種採用銘柄の約4分の3で利益が予想を上回り、半分余りで売上高が予想を上回っている。

  米商務省が28日発表した昨年10ー12月(第4四半期)の米実質国内総生産(GDP)改定値は、前期比年率で1.9%増と、速報値から変わらず。個人消費が上方修正された一方で、企業設備投資は下方修正された。  
原題:U.S. Stocks Dip Before Trump’s Speech as Consumer Stocks Decline(抜粋)

◎米国債:下落、複数の連銀総裁発言で3月利上げの見通し強まる

  28日の米国債は下落。米金融政策当局者の発言を受け、市場では3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが実施されるとの見方が強まった。

   ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁が3月14ー15日のFOMCで利上げを「真剣に協議する」意向を示したことから2年債利回りは上昇した。ニューヨーク連銀のダドリー総裁は利上げの主張はより説得力あると述べ、データの大半がトレンドを上回る経済成長と合致していると続けた。

  3月の利上げを織り込む確率は70%超と、前日の50%から急上昇した。

  BNPパリバの米国ストラテジスト、ティモシー・ハイ氏は「この当局者2人の発言には説得力があるようだ」と述べ、次回の雇用統計がFOMC会合直前の3月10日まで発表されないことを考えると「市場に対し若干早期にメッセージを打ち出そうとしていたのだろう」と続けた。

  政策金利の変動に敏感な2年債利回りは約7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇して1.26%、昨年12月以来の高水準をつけた。10年債利回りは2.39%に上昇した。

  短期債が下げる中で5年債と30年債のイールドカーブは終値ベースで昨年8月以来最もフラット化した。

  米東部時間28日夜にトランプ米大統領が議会で演説する。トレーダーはこの演説から財政政策の手掛かりを得ようとしている。

  ジェフリーズのシニアエコノミスト、トーマス・サイモンズ氏は「すべては3月会合での利上げ決定に対する市場の見通しを引き上げようとする、米金融政策当局者の協調的な行動のように見受けられる」と述べた。
原題:Treasuries Plunge as Fed Speakers Jolt March Hike Odds Higher(抜粋)

◎NY金:小幅安、大統領演説控えインフラに注目-月間では上昇

  28日のニューヨーク金相場は小幅下落。トランプ米大統領がこの日の議会演説で優先歳出項目を説明するとみられる中、金価格は月間ベースで2カ月連続上昇に向かっている。

  金スポット相場は東部時間午後2時17分現在、前日比0.1%安の1オンス=1251.90ドル。2月の月間騰落率は3.4%高となるもよう:ブルームバーグ・データ。金先物4月限は0.4%安の1253.90オンスで終了;2月の騰落率は3.5%高に。

  インフラというキーワードに投資家の注意は移 った。(トランプ大統領の)演説ではこれが注目されるだろう -シンク・マーケッツUKの主席市場アナリスト、ナイーム・ アスラム氏。

  銀スポット価格は上昇、プラチナとパラジウムは下落。
原題:Gold Heads for Second Monthly Gain Before Trump Congress Speech(抜粋)

◎NY原油:下げ縮小、再生可能燃料の基準見直し懸念が後退

  28日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物がほぼ変わらず。一時は1.6%安まで下げていたが、米政府は再生可能燃料基準の運用見直しは計画していないとホワイトハウスの報道官が表明したことから、下げ幅を縮小した。

  エナジー・アナリティクス・グループ(フロリダ州ウェリントン)のディレクター、トム・フィンロン氏は電話取材に対し、「相場は前日比でマイナスに終わったが、引け前に大きく下げを縮めた」と指摘。「再生可能燃料の基準運用は変更しないとのホワイトハウスの見解がきっかけだ。そもそも価格を押し下げた情報にあまり内容がなかった」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比4セント(0.07%)安い1バレル=54.01ドルで終了。月間ベースでは0.5%の値上がり。ロンドンICEの北海ブレント4月限は34セント下げて55.59ドル。同限月はこの日が最終取引。中心限月の5月限は9セント上昇の56.51ドル。
原題:Oil Closes Near $54 as White House Says No Change in Fuel Rule(抜粋)

◎欧州株:5日ぶり上昇、旅行関連と建設銘柄高い-米大統領演説に注目

  28日の欧州株式相場は5営業日ぶりに上昇。鉱業株が下げたものの、旅行関連銘柄と建設株の上げが全体を押し上げた。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.2%高の370.24で終了。トランプ大統領が27日に「インフラに大きく」投資するつもりだと述べたことを手掛かりに、建設株が買われた。同大統領の経済政策の詳細を見極めるため、欧州市場の取引終了後に行われる議会演説が注目されている。

  CMCマーケッツ(ロンドン)のアナリスト、マイケル・ヒューソン氏はリポートで、「市場は言葉で聞いていることをまったく前向きに捉えている様子だが、トランプ大統領は行動に移す必要がある」と述べた上で、「実現できなければ、市場は速やかに反応するだろう」と語った。

  個別銘柄では、英エンジニアリング会社メギットが13%高の急伸。通期利益が17%増えた。一方、金融商品などを比較できるウェブサイトを運営するマネースーパーマーケット・ドット・コム・グループは6.1%値下がり。17年通期の売上高が前年実績を割り込むとの見通しが嫌気された。
原題:European Stocks Edge Higher After Longest Slump Since November(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債ほぼ変わらず、月末需要で持ち直す-イタリア債上昇

  28日の欧州債市場ではドイツ国債がほぼ変わらず。国債入札実施前に下げたものの、英国債の上昇や月末需要が支援材料となり、下げをほぼ消す展開となった。

  イタリア国債の堅調が目立ち、5年債利回りは約8bp低下。英国債は超長期債が上昇。イングランド銀行が市場を1bp余り上回る水準で償還資金を年限15年以上の国債に再投資し、ドイツ国債への支援要因にもなった。

  ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください
原題:Month-End Underpins Bunds in Closes; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE