資産規模で米最大の銀行JPモルガン・チェースは、2017年の投資銀行部門の株主資本利益率(ROE)の予想を約14%に引き上げた。

  同行は28日ウェブサイトに掲載したプレゼンテーションで、純金利収入の増加と法務コストの低下が予想の上方修正に寄与していると説明。1-3月(第1四半期)のトレーディング収入については、前年同期を「やや」上回ると予想した。

  JPモルガンは、トランプ政権の公約である金融規制緩和や法人税引き下げの恩恵を受ける可能性がある。

  このほか同行は、通期の純利益について少なくとも300億ドル(約3兆3600億円)を見込んでいるとした。コンシューマーバンク部門のROE予想は20%で変わらず。

原題:JPMorgan Raises Forecast for Investment Bank ROE to About 14%(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE