中国の外交トップを務める楊潔篪国務委員は27日、トランプ米大統領とホワイトハウスで会談した。北朝鮮の核開発を巡る懸念が高まる中、米中間では米大統領選後で最も高いレベルの要人会談となった。

  国営新華社通信によると、楊氏はトランプ大統領とペンス副大統領、シニアアドバイザーのジャレッド・クシュナー氏との会談で、習近平国家主席からのあいさつを伝えた。中国外務省の発表文によれば、楊氏はトランプ大統領に、米中が地域的問題で協力を深め、双方の中核的利益を尊重する必要性を指摘した。

  中国指導部は北朝鮮問題で新たな協議を呼び掛けており、金正恩朝鮮労働党委員長による核開発などを抑止し、韓国にミサイル防衛システム「THAAD」を配備する米国の計画を阻止したい意向。

  新華社の報道では、楊氏はマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、バノン首席戦略官らとも個別に会談した。

原題:China’s Top Diplomat Meets Trump as North Korea Tensions Rise(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE