中国は債券持ち高のヘッジに限り、本土市場で海外投資家が外国為替デリバティブ(金融派生商品)を利用することを認める。市場開放を通じた海外資金呼び込みの一環だ。

  国家外為管理局(SAFE)がウェブサイトに27日掲載した声明によれば、本土の銀行間債券市場に投資する外国機関はフォワードやスワップ、クロスカレンシースワップ、オプションを含む金融商品の取引が可能になる。取引は民間投資家による中国オンショア債券のポジションのヘッジ目的に限定されるとしている。

原題:China Opens Foreign-Exchange Market to Overseas Bond Investors(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE